語学力に優れている

英語で電話やメールのやり取りができる人は活躍しやすい

外資系転職を検討するにあたっては、各企業が求める人材の特徴についてじっくりと確認することが必要です。例えば、英語でビジネスに関する電話やメールのやり取りができる人は、職種にかかわらず重宝される傾向があり、企業によっては年齢にかかわらず出世ができるチャンスが用意されています。また、海外で駐在員として長く働いた経験がある人や、外国人の部下の指導ができる人についても好条件で転職ができる可能性が高くなっています。そうした中、それぞれの企業で重視されている英語力について詳しく知りたい場合には、求職者向けに開催されている転職相談会などのイベントに顔を出したり、直に興味のある企業に問い合わせたりすることがおすすめです。

転職後も継続的に語学力を高める必要がある

外資系企業で働く場合には、上司や同僚、部下が外国人というケースも珍しくないため、日ごろから円滑にコミュニケーション取るうえで、継続して語学力を高めることが重要です。大手の外資系企業の中には、転職して間もない社員に対してビジネスレベルの語学に関する勉強会やセミナーなどが開催されることがあります。そこで、語学力に自信が無い人であれば、採用後のスキルアップのためのサポートがしっかりと行われている外資系企業を探してみましょう。その他、企業によっては語学に関する難易度の高い検定に合格をした社員を対象に特別な手当を用意したり、管理職に登用したりしているところもあるため、慎重に各企業の事情を調べておきましょう。

© Copyright Attractiveness Foreign Companies. All Rights Reserved.